HUTTEロゴ

HÜTTEのブログ

HÜTTEのブログ

あすから5月。

こんにちは。

まずは連休中のスケジュールをあらためて。明日はドリンクと焼き

菓子のみの喫茶営業で、あさって2日から5日は通常どおりメニュー。

ベーグルに日替わり焼き菓子をできるだけ売り切れがでないよう

フル稼働で用意して、連休最終日となる6日は休みをいただきます

 

つづいてイベントのご案内。

「野鳥の会オホーツク支部長川崎康弘さん講演会」

5月24日(日) 16:00-18:00

仕事論、人生観を中心に、身の回りをとりまく世界ごと、自身に

ついてたっぷりと語ってもらおうと思っております。庭に木を植え

ながらの浜小清水の素朴な自然とともにある暮らしぶりについて、

鳥を職業にして生きるとはどういう喜び、または辛さのあるもの

なのか、そもそもいまにいたる原点は? お聞きしたいことが

ほどあって開催の運びとなりました。

参加費800円 定員4‐8名

申込は5月18日(月)までで、満席になり次第締め切りです。 

 

なにかに情熱を傾けて生きている人に、その源というか心の裡

をありのまま語っていただく。川崎さんのお話をステップに、

隅々まで丁寧にかいた履歴書を披露してもらうような、そんな

機会をできるだけ作りたいと考えてるのですが、どうでしょう?

そういえば昨日「空をみあげる」(報告は後日)できいた、講師

佐藤さんの来歴もやっぱり興味深かったし、勉強会本編から

派生させた機会も個人的にはどんどん設定していきたいと、

わくわくしながら思っているのです。需要があれば、ですけど。

 

そして雑貨関連でお知らせを2件。

日本野鳥の会製バードウォッチング長靴が、5月下旬あたりに

久しぶりに入荷いたします。今回はともに数量限定のグレーと

ネイビー2色。どちらも洋服を選ばない深めの色合いなので、

アウトドアだけではなく日常でも使い回せそうですよ。男性用

サイズもご用意します。

また、5月中旬あたりにまた書籍をまとめてオーダーします

ので、取り寄せリクエストのあるかたはお早めにスタッフまで

どうぞ。

 

2015-04-30 9:30 PM|とり扱い雑貨あれこれ/もよおしものComment(0)

暑いので。

とつぜん暑くなりましたので

新顔、鹿児島産茶葉べにひかり、べにふうきを一晩かけて水出し

抽出したアイスティーや、毎年たくさんのかたに飲んで頂いている

水出しアイス珈琲ほか各種アイスドリンクに、

ぜひともヨーグルトやアイスクリームに合わせて試してほしい

甘夏のマーマレード、

児童書のくせにラストがいつも絶望的で、子どもは一人で

トイレにいけなくなること必至のホラー短編集、

さらにはシャチなんかもいかがでしょうか。羅臼沖で。

 

アツいといえば、このたびの町長選挙。44年ぶりの

投票ということで全国的にも注目を集めたようですが、

結果は現職が辛くも勝利をおさめました。

いろんな解釈ができる得票差ですが、個人的には

種は蒔かれた。こんなふうに捉えています。

2015-04-27 3:28 PM|メニュー紹介Comment(0)

書籍がとどき講演会もきまってすっきりGWスタート。

こんにちは。

ほんじつ午後に書籍がぞろぞろ届きました。

さいきんは古本もいっしょくたに並べてますので、なんだかごちゃっと

したコーナーですが、お気に入りを掘り出す愉しみを味わってもらえ

ればとおもいます。では新入荷のなかからさっそく1冊ピックアップ。

『あなたに贈る四季の色』 若菜晃子著

パイインターナショナル 2052円

 

題名にあるとおり、この本の主役は色。目の覚めるような鮮やかな風景

写真とストーリーを対にするかたちで、自然界に宿る80の色を紐解いて

いくというエモーショナルな1冊です。ページをめくるたびにハッとさせ

られる劇的に美しい色彩が連なる構成はそうとう見応えがあります。

ちなみに著者はもともと山と渓谷の副編集をされてた女性でして、この

かたが独立後に責任編集している小冊子「murren」(店にもあります)

は僕らのお気に入りだったりします。なんというか自然をみつめる

角度がユニークで。

 

心の琴線にふれる本がほかにもいろいろ。

 

今日のかえりみちの空、きれいでした。若菜さんの本にゃあ敵い

ませんが、とはいえ思わず車をとめてパチリと。

 

いつも大変お世話になっております(ある意味僕らの恩人でもあります)

川崎康弘野鳥の会オホーツク支部長にお越し頂き、世のなかからズレ

まくっている(本人談)仕事論、人生哲学を惜しげもなく披露してもらう

講演会は5月24日(日曜)夕方4時からとなりました。さらに詳しい内容は

近日中に御案内いたします。 同じく思想的に世間からはみ出しつづけて

いるものとして、どんな話がきけるのか今から楽しみでなりません。

2015-04-25 10:06 PM|とり扱い雑貨あれこれ/もよおしものComment(0)

5月の予定

こんにちは。

ブログって思いの丈を余すところなく綴った長文でも読んでもらえる

のか、それとも要点だけに絞ったほうが受けいれられやすいのか、

ちょくちょく悩むんですけど、どっちに決めてもけっきょく長くなって

しまうのが私です。  で?

 

さて5月のスケジュールです。

営業日

1日(金)※、2日(土)、3日(日)、4日(月)、5日(火)、9日(土)、

10日(日)、11日(月)、16日(土)、17日(日)、22日(金)※、

23日(土)、24日(日)、25日(月)、30日(土)、31日(日)

※喫茶営業につき、ドリンクと雑貨類の物色、斜里岳観賞でおたのしみ

ください。食事の用意はございません。

 

もよおし

『あの草をなまえでよぼう第3回 来運遠足』

5月18日(月) 10:30~13:00

内容:「雑草」としてくくられがちな野草それぞれの名前や素性を、

   プロの解説で学んでいく野外授業の3回めです。今回は

   美しい苔も拝める、店から徒歩20分の来運公園が教室。

   講師はおなじみ知床博物館の内田暁友学芸員です。

定員:4~9名  参加費:500円

電話または来店にて直接、あるいは本HPのContact経由にて

お申込みください。5月11日(月)締め切りです。

 

24日に予定しております、野鳥の会オホーツク支部長川崎さんの

お話会は打ち合わせ中につき、また後日のご案内で。

 

明日のおやつは『いちじくのケーキ(280円)』。『ラムレーズンの

ベーグル(200円)』もたっぷりご用意しておきます。

また水出しアイス珈琲(600円)も微調整がすんで解禁。アイス

カフェオレ(650円)も登場しますよ。

仕込みをほぼ終え、

模様替えによるドタバタも収まり

あとは明日、予定どおりに書籍がとどけばすっきりです。

 

2015-04-24 2:05 PM|だいじなお知らせ/メニュー紹介Comment(0)

5月の予定をきまったものだけでも。

こんにちは。

まずはお知らせです。さきにご案内していた書籍は、予定どおりにことが

はこべば(配送業者さんの都合に左右されてしまう土地なので、ずれこむ

可能性ありですが)土曜の昼前に到着することになりました。今回はどれも

1冊かぎりの入荷ですので、気になるかたはおはやめにお越しください。

 

つづいて5月の予定を決まっているものだけ。

5月の野外授業企画「あの草を名前でよぼう」の第3回、来運遠足編を

18日の10:30から2時間程度の枠でおこなうことが決まりました。講師

はすっかりおなじみ内田学芸員。じつは来運地区にお住まいの内田さん

ですから、当日はホームの利を存分に活かして内容的にはいつも以上

に濃厚で、それでいて雰囲気的にはより飄々とした感じで、全体的には

やっぱりのんびりとした授業になると思います。楽しみですね。

本日より参加者募集します。

参加費は一人500円。定員は9名で、締め切りは5月10日とさせて頂き

ます。草見会ファンの一人からは、開店の数時間前からシャッターの前に

陣取っていたかのごとく早くも申込を受けました。人気です。

 

さてオホーツクは日差しの熱量がどんどんあがり、春本番といった感じ

GWを迎えられそうです。5月の連休は1日(金)~5日(火)のあいだ、

11:00から18:00(L.O.17:15)にて営業いたします。

 

2015-04-23 10:48 AM|だいじなお知らせ/もよおしものComment(2)

「オレゴンの旅」

クマと道化師が働いていたサーカス団をとびだし、新しい道へと歩き

だす過程を淡いタッチと呟くような言葉で描いた物語「オレゴンの旅」。

けっこうな数のクマ本を置いている当店ですけれど、これはそのどれ

とも異なった趣きをもっていて印象派みたいな画風も好みで仕入れて

みた1冊です。

 

 

ことばはなく、ピエロの落しものにメッセージをこめた静かなラストは

子どもよりも人生経験豊富な大人たちの胸をうつようです。この春、

別れで負った傷のぬりぐすりになりそうな気も。

らんか社 1620円

 

ちなみにキッチン班では、もっか水出しアイス珈琲のチューニング

中。来週からの提供をめざしています。豆はいきものだけに理想の

味を表現するのはなかなか難しいんですけど、何しろこれがないと

がはじまりませんから。

 

それとご要望にこたえ、和紅茶の茶葉(鹿児島産の希少種である

「べにひかり」と「べにふうき」となります)の販売を再開したことも

あわせてお知らせしておきます。

50g(5gで約2杯分)で400円。店のメニューとしては和紅茶と

和紅茶ミルクで提供してまして、さらにこの夏からは水出しの

アイスティーとしても、この味わい深い茶葉を愉しんでいただき

ます。

 

2015-04-20 12:54 PM|とり扱い雑貨あれこれ/メニュー紹介Comment(0)

いってん霙のち雪の清里より

寒いです。霙がおちてます。くれぐれも暖かい格好でおこし

ください。また、丘をのぼった先の道路沿いには季節がら、

たくさんの野鳥がとびまわるようになりましたので、運転は

ゆとりあるスピードでお願いします。わき見も…気持ちは

わかりすぎるほどわかりますが禁物です。

当店のまわりにも。

朝ごはんを物色しにきたホオジロ一族です。発芽したばかり

ルバーブにも近づいていくから「それだけは! 」と心のなかで

叫んだら、いきなりのダッシュで素通り。たしかに色といい形と

いい食虫植物っぽけど、それはそれで寂しいよ。

 

今日のおやつは清里産小麦のスコーンをアレンジした新顔。

胡桃とメープルシュガーを巻いて焼きました。1個200円です。

霙が雪にかわりました。

 

2015-04-19 11:04 AM|お店のつれづれ/メニュー紹介Comment(0)

小春日和の清里より。

こんにちは。

予報にはんして春らしい穏やかな青空がひろがる清里です。

今日のおやつは焼きたて2種。

甘党にはラムレーズン入りクリームチーズをまぜて焼いたマフィン

型のケーキ(300円)。苦党(と呼ぶのかな?)には、珈琲とヘーゼル

ナッツでつくった自家製スプレッドを挟むビスケット(250円)が

おすすめです。どちらもほどよい余韻がたのしめます。

こちらがビスケット。バターをつかわず、生地にもスプレッドを

ねりこんで焼きました

ラムレーズンのケーキ。残りわずかですがどうぞ。 

2015-04-18 1:23 PM|メニュー紹介Comment(0)

本からも人からも学びます

「これから1週間のうちにもノビタキがオホーツクにくるでしょう。」

せんじつの鳥の会のなかで川崎さんから賜った「お告げ」がけさ、

現実になっているのを確認しまして祝福ムードに包まれる

HUTTEです。

 

さて、今日は喫茶営業。食事はありませんが、焼き立てのほや

ほやのベーグルがございまして、店内でお召し上がりいただく

こともできます。明日からはいつものメニューです。

 

おそらく来週末には到着するはずの書籍ラインナップはこんな

感じになりました。自然に触れ、学ぶ。そんなテーマを念頭に

いつもより数回多く篩にかけて選びました。

<写真・実用書>

ドライフラワー図鑑

あなたに贈る四季の色

ききがたり ときをためる暮らし

<詩文集>

世界はうつくしいと

<絵本>

ナゲキバト

おくりものはナンニモナイ

ナマケモノのいる森で

木のうた

森はだれがつくったのだろう?

 

29日の「空をみあげる」に続く、身近な自然を学ぶ勉強会の

案件がまとまりつつあります。講師内田学芸員のキャラクター

ごと好評の「あの草をなまえでよぼう」第3回です。今回は

来運公園まで歩き、道ばたや公園内に伸びている植物たち

のなまえと個性を学びます。5月18日の開催予定。ちかく

募集をはじめます。

さらにもうひとつ、実現したら嬉しい案件が。

鳥探し遠足の講師として先日お越しただいたばかりの川崎

康弘さんに再びお願いし、「こんどは御自身の仕事論や人生

観を披露していただけませんか? 」とオファーしたところです。

「鳥も深いけど、この人自体もそうとう深いよね…」。

鳥の会をひらくたびに積み重なるばかりの、川崎さんをこそ

知りたいという欲求。同じ思いを抱えてる人もいるようです

ので、ぼちぼちそのへんすっきりさせようじゃないかと。

「世の中の価値観からは相当ずれてる」と本人は謙遜されて

ますが、だからこそ学びたいし、個人的には子ども進路

設計にもよい影響があるのでは? とひそかに思ってます。

こちらも詳細はまたいずれご案内します。

 

2015-04-17 3:51 PM|とり扱い雑貨あれこれ/もよおしものComment(0)

たくさんの野鳥と青空と斜里岳と。

こんばんは。

手前ミソサザイ、いや手前味噌ながら、まいかい参加者の満足度がとても

たかい、そしてHUTTEチーム自身も心待ちにしていた企画「オホーツクの

鳥のこと、川崎さんにきいてみよう」のシリーズ3回め、春の遠足編が昨日

13日にありました。

参加者6名(プラス、今回こそイチ参加者として楽しむぞの宣言どおりに

紛れ込んだ僕ら2名)。講師はいつもユーモアあふれる解説で野鳥の魅力

を余すところなく伝えてくださる野鳥の会オホーツク支部長川崎康弘さん

です。

まずは店内で、春から夏にかけてこの地域でみられる、つまり遠足中に

出会える期待大の鳥たちについて予習します。

TVモニターをつかったレクチャーは囀りつき。視覚にくわえて耳からの情報が

あると、より理解が深まりますし、単純に癒されますね、鳥の声って。

そして出発。南から吹いてるくせに驚くほど冷たい罪な風に晒されながら、

パーカー姿のSさんをみな内心で心配しながら来運公園を目指します。

冴え冴えとした空、飛び上がるヒバリ、とおくに白い頂き。順調な滑りだしです

ちなみに講師川崎さん、鳥だけではなく植物にもたいへん精通してらっしゃる

というのが本企画のミソサザイ、いやいやミソ。となりをあるけば、界隈の生態系

についても勉強できてしまうのですから、なんとためになる遠足でありましょうか。

そしてたどりついた来運公園でじっくり鳥探し。かわるがわる視界に

飛び込む小鳥を指しては歓声をあげる賑やかなひと時です。森には

シジュウカラやゴジュウカラ、ヒガラ、ハシブトガラといった(個人的に)

身近な方々のほか、(あくまで個人目線で)変わったところではエナガ

やキセキレイ、そしてこんかい一番の歓声を集めた、国内野鳥リスト

における最少クラスといわれるミソサザイも。

鳴き声も容姿もユニークなミソサザイはまったくノーマークだったこと

もあって、ぜひ拝みたかったのですが、みなさんの歓声をよそに僕は

最後まで願いかなわず…。

とはいえ、見たことのない鳥が近所の公園で暮らしているという秘密を

握ったことはなんだかワクワクすることと思えます。それに、ふだん

は木の葉や笹に覆われて気にも留めない沢地が(だからこそ、なんで

しょうね)、じつは鳥たちの憩いの場という、そんな発見も川崎さんから

授かり、またひとつ日々の楽しみを入手したのです。

斜里岳にむかっての帰路では、アトリやベニヒワたちからなるヒワ

軍団をしばし観察。満腹感に浸っていると、ほどなくしてさらに興奮

の瞬間が…

オオハクチョウが斜里岳とコラボした、絶妙な構図です。むむむ、

タイミングもじつに絶妙きわまりないです。そういえば前回も、ふだん

みかけないオオタカがスタート直後の一行の頭上横切るという

奇跡がありましたが、こうして続くと「やはり川崎さんクラスになる

野鳥の会とは別に野鳥そのものにもネットワークをもっていて、

イベントにあわせて鳥員配置してるのでは…」と、そんな妄想

浮かんでしまいますが、川崎さん、真偽のほどはいかがでしょうか。

 

ということで素晴らしい午後。川崎さん、里実さん、参加者のみな

さんもほんとうにありがとうございました。次の機会までそれぞれ

楽しい野鳥ライフを送りましょう。

すっかりミソサザイづいてしまった僕は、彼をみつけるまで来運

通いする予定です。 

2015-04-15 12:07 AM|もよおしものComment(0)
上へ