HUTTEロゴ

HÜTTEのブログ

HÜTTEのブログ

ベーグルいろいろありますよ。

こんにちは。

入口わきに植えたホップがここのところすこぶる元気でして、

たまにドアに手をかけています。こいつ、ちょっと人にたいして

刺々しいところがあるので、もし通せんぼしていたら葉っぱ

もってよけてください。手を切るほどではありませんが。

 

さて今日はこんなのが焼きあがりました。

『フルーツナッツベーグル(200円)』。そのままテイクアウト

できますし、クリームチーズのサンド(400円)にも変更できます。

そして今日のサンドはスモークサンドと新鮮な夏野菜たち(トマト

にオニオン、庭で採れたチャイブ)それぞれの風味を活かすよう

塩だけで味付けして、まぜあわせた『サーモンサンド(430円)』。

それに食べごたえのある『ピーナツバターソースのポークサンド

(430円)』もあります。おやつは珈琲とよくあう『チーズケーキ

(230円)』を。『グラニテ・カフェオレ(500円)』もきんきんに

冷やして準備完了しております。

 

きょうは一転、鳥たちがおとなしい。どこいっちゃったんだろ?と

思っていたら雨がいよいよ落ちてきました。

 

2014-07-27 11:24 AM|メニュー紹介Comment(0)

8月(と、そのさきの企画)のスケジュール

緑一色の山や木々もそうですけど、こういう手でつかみ取れそうなくらい

たしかな質感と輪郭をもった雲をみると、いよいよ夏をむかえた気分に

なります。この、だけじゃなく、あの夏やまた別の夏の記憶が引き出され

たりもします。

知床連山を縦走したかえりみち、酷暑のさ中で飲み水が底を尽いてしまい、

喉も身体も渇きに渇いてついに足が止まり、「20代会社員、干からびて

発見」の見出しが頭をよぎったこともあったなあ。いやー、あの時以上に

干からびることはこれまでもこれからもないだろうな。

さて、8月のスケジュールです。

おやすみ

6日(水)、7日(木)、13日(水)、14日(木)、18日(月)※、

20日(水)、21日(木)、27日(水)、28日(木)

※18日は下記もよおしで貸切のため休業です。

 

もよおし  「あの草をなまえでよぼう 第2回」

日時:8月18日(月) 13:00~16:30頃   

場所:当店および周辺の道端

内容:あまりに身近すぎて「雑草」としか呼んでこなかった、そのへんの

   野の草花それぞれの名前や素性を、講師の解説に耳を傾けつつ、

   じかに触れながら理解していく観察会の2回目です。講師は今回も

   知床博物館の職員で植物の専門家内田暁友さんをお招きします。

   また当日は参加される方々のために11時30分頃からお店をあけて

   いますので、時間のある方ははやめにきて予習の時間にでも

   使ってください。お食事もご用意します。

募集人数:4~15名     参加費:500円

申込み:電話または来店にて直接、あるいは本HPのContact経由にて

     氏名、連絡先をおしらせください。

     締め切りは8月12日(火)とさせていただきます。

    

「あれから庭の草を刈るのがしのびなくて」。なんて、こちらの思惑

どおりの感想が寄せられるなど大好評だった前回をうけての続編

です。植物のなかでも苔のスペシャリストの内田さんだけに、例えば

名水として有名で遠足の目的地としても最適な来運公園で、という

案もありますが、なにしろ蚊が多くて苔見どころじゃ…だそうで、場所

の選定にはもう少々時間をいただきますが、いずれにしても当店

周辺の「なんてことない道端」がフィールドで、「なんてことない草花」

が主役です。でもほんとうはなんてことないことなんてなく(ややこしい)、

好奇心と植物を愛する気持ちを働かせれば草花たちがみせてくれる

果てしない広がりのなかで心地よく浮遊する自分を発見できます。

 

さらにその先の予定をここでさらりと予告。

9月19日~23日(予定) 「木のフレーム展」by 北風works

10月末~11月上旬   「realism・OLDECO presents

                                          秋の古物市2014」

以上、確定の2件のほかに斜里町の「北のアルプ美術館」や今年1月

にタイアップした札幌のpresseさんとの共同企画も秋をイメージし

ながら構想中。さらに「オホーツクの鳥のこと、川崎さんにきいてみよう

の遠足編」も打ち合わせをすすめています。

いろんな人やモノ、ストーリーがいきかう、賑やかな秋になりそうです。

今日は小鳥が元気。ノビタキもきています。

 

2014-07-25 4:03 PM|だいじなお知らせComment(0)

おみやげにシナモンロールはどうですか

今日も朝から南風が吹き荒れている向陽。窓のむこうには、斜里岳を

基点にはりめぐらされた城壁を思わせる雲が、東西にながくのびて

います。なかなか雄大な景色。山頂からはどう見えるのかな。

 

さて3連休もさいごの日をむかえました。知床がえり、もしくはどこか

観光からもどってきたかたに、とキッチンではシナモンロールを焼いて

います。こんかいは卵おおめのふわふわ仕上げで、いつもどおり

カルダモンがぴりっと効いています。1個230円。それほど数は

ありませんがお持ち帰りにどうぞ。

昨年のものですが、シナモンロールみたいにぐるっと巻いた雲。

曇の表情の多彩さは、清里にきて気づかされたことの一つです。

 

 

 

2014-07-21 11:32 AM|お店のつれづれ/メニュー紹介Comment(0)

今週はじもとにおります。

こんにちは。

ひさしぶりの店舗営業ということで、昨日はあさから緊張気味。掃除する

にもいつもの流れに乗りきれず、焦りと暑さが相まってつい変な汗を

かいてしまいました。たかだか1週間あいただけでそんなざまとは、

まだまだ鍛錬が足りないねぇとの声がどこかからきこえてきます…。

そんなわけで通常営業に戻ったHUTTEより、今週末のメニュー紹介を。

日替わりサンドは暑いときにいいわーとさっぱり感が好評だった『ツナ

トマトサンド(430円)』が再登場しているほか、こちらも爽やかな口あたり

『トマトとハーブのクリームチーズサンド(400円)』があります。おやつ

にはラム酒がふわっと薫る『ラムバナナのサイコロケーキ(280円)』。

地粉でつくるカレーは『ズッキーニの地粉カレー(750円)』を。こちらは

今週、お米ではなくベーグルとのくみあわせでやはりさっぱりめで

召し上がっていただきます。主役のズッキーニとルーにつかう影の

主役小麦粉は町内産。清里の味覚をどうぞ

ハーブソルトでソテーした、このズッキーニの輪切りがのります。

夏をむかえて地場産素材がスーパーや直売所を賑わせてるので

できるだけメニューに取り込みたい。名寄や剣淵、下川といった、

アイデアとアレンジの力で素材に付加価値をのっけて勝負して

いるエリアから戻ったばかりだけに、そんな思いもひとしおです。 

 

どうもここのところ日中が暑すぎて、以前のように避暑にぜひ~

と胸をはれない店内ですけど、夕方4時をまわれば幾分過ごし

やすくなります。旅の夕食のまえ、ちょっと一息のタイミングで

でもご利用ください。

2014-07-19 11:17 AM|メニュー紹介Comment(0)

「森ジャムin下川町」に参加して。

こんにちは。

今日も朝から暑い清里。窓をあけても気温が一向にさがらず、もはや小説「極北」

なかに涼を求めるしかありません。熱をうしなった近未来を舞台に、極北の地

に生きる体温の低そうな主人公が淡々と綴る身の上話。夏にありがたい1冊です。

 

さて、12、13日と参加させていただきました「森ジャム」in下川町。おおむね天候にも

恵まれ(2日目は開始と同時に雨があがるという、天の粋な采配が)、スタッフもお客

さんも青空のしたでとてもいい顔。スタッフのみなさんが日ごろから丹念に手入れ

しているという森につくった会場はやさしいトーンで統一されていて、僕らもとても

寛いだ心持ちですごさせてもらいました。

 

2日目の抜けるような青空。会場の全体像、そして森のなかに展開した

LOPPISコーナーの写真がないのでせっかくのムードを伝えきれないのが

残念ですが、HUTTEデスクはこんな感じになりました。

 

お隣は半年前、「あえて」和寒にオープンしたカフェ「nido」さん。地方の小

都市に根をおろし、古いものを大切にしているスタイルには親近感を覚え

ます。いつかお店も訪ねたい。

別会場ではチェンソーアートのコンテストが11日から3日間ぶっつづけで

開催されていました。参加者の一人、スティーブン・ヒギンズさんは当店の

オートミールクッキーが口にあったようで、おかわりしてくれました。

精巧な造りはもちろん、フクロウとクマのやさしい目に釘付け。

スティーブン、きっと動物好きのやさしい人柄なんだろうな。

 

「森好き」。あれこれ詰めこまないで、そんなシンプルな思い、コンセプトで

芯がとおってたから会場には柔らかな一体感がありました。

よい居心地でしたし、通じるものがある知り合いもふえました。

来年また開催がきまった暁には、いの一番に手を挙げたいとおもいます。

そして気心知れたお客さんも巻き込んでお邪魔しつつ、チェンソーアート

もバイオマスライブもイベントをまるごと味わいたい。

 

最後にスタッフのみなさん、参加者のみなさん、お客さん、

ありがとうございました。とてもいい時間でしたね。 

2014-07-16 2:25 PM|もよおしものComment(2)

下川町であいましょう。

どうやら大雨だけは避けられそうでひと安心、と心配の一つがから

消えていったら、その空いた余白にじわじわと、まるで紙に水が滲んで

いくようなかんじで緊張がひろがってきています…。

いよいよ今週末なのです。

『森ジャム in 下川』

イベント自体は11日からの3日間ですが、HUTTEは12、13日の両日、

森を背にしたマーケットスペースの入り口あたりに場所をもらって、

ベーグルやこんなかんじの焼き菓子を数種、

 

そして珈琲をハンドドリップで提供するほか、店で扱う雑貨もすこし並べ

ます。また斜里岳の晴れ姿をプリントしたポストカードなんかをもって、

道北地方に清里町やオホーツクの住み良さをアピールしたりもする

予定です。

そんなわけで週末、清里のほうへ来店を予定されていたかたには申し

訳ありませんが、営業日にあたる明日から火曜までのあいだは臨時

休業とさせて頂くことを、あらためてお知らせいたします。

 

なお、下川はオホーツクから紋別経由で約4時間半の距離。

「イベントは魅力だけど、ちょっと遠いなあ…」と渋るかたに、この町

いちどはたずねてみるべき(と僕は思う)理由をもうひとつあげてみます。

じつはここ、ふるくから植林と伐採のサイクルをまもる循環型森林経営

を実践してきたことが評価され、国から環境モデル都市お墨付きが

与えられた町でありまして、たとえば報道ステーション特集が組まれる

(先日たまたま目にして、おお~!と唸ってしまいました)!など、いまや

全国的な注目を集めている町なんですね。

なにしろこれからますますエネルギーの問題と真剣に向き合い、そこ

から逆算して暮らしの在り方をみつめなおす時期に生きていますから、

エコが掛け声にとどまることなく、暮らしの土台として日常根付き、

実践されている下川のことをしっておくのは有益なことと思うのです。

ガソリンに電気代、食材。なにもかも値上がりするばっかりで、この先

いったいどうなるの?って気持ちが沈んだとき、小さくても、いや小さい

からこそエネルギーの自立を果たそう熱をはっする町があると思い

出すことだけでも光がさしますこんな資料をみれば、よりつよく。

「環境モデル都市の推進」

町のHP内の資料をリンクさせてもらいました。

 

と書いている間に、ツバメが予告した通りに雨がおちてきました。

キッチンでは着々と制作がすすんでいるようす。もうひとがんばり。

2014-07-10 2:03 PM|だいじなお知らせ/もよおしものComment(2)

グラニテとはなんぞや

夏のデザートとして、目下、うりだし中の『グラニテ・カフェオレ』。

舌を噛みそうな名前ですね? とか、ブラジルW杯にちなんだ便乗

メニューですよね? とか、疑問の声がおおくなってきましたので、

ここであらためてご紹介いたします。

グラニテ=氷菓のなまえのとおり、グラニュー糖で甘みをたして

凍らせた珈琲(HUTTE no.1)を、ミルクとあわせながら粗く

グラインダーにかけたもの。それがグラニテです。

写真は国産寒天でかためた珈琲ゼリー(同じくHUTTE no.1)

をざくざく刻み、底にしきつめたバージョン。グラニテの甘さと

深煎りならではのストレートな苦みがあいまって、よい仕上がり

です。数量限定ですが、暑い日はできるだけおおく用意してます

のでぜひ一度おためしください。

最近では珍しく好天のもとでの開催となった昨日の斜里岳山開き。

きっと登った人は大満足だったんだろうなーと、閉店後にちょっと

羨ましいおもいで眺めていたら、不思議な小さな笠雲が目を楽しま

せてくれました。

2014-07-07 5:16 PM|メニュー紹介Comment(0)

あたらしい1日のあたらしいトピックス

こんにちは。

昨日更新したばかりですが、今日は今日のトピックスがいくつか

ありますので、ざざざっとご紹介していきます。

まずはメニューについて。あたらしいベーグルメニュー『ほおずき

ジャムとクリームチーズのサンド(400円)』ができました。町内の

農家、野崎キミ子さんから頂いた健康なほおずきをつかったジャム

優しくふくよかな甘さが格別。おすすめです。またおやつには

今朝ほど焼きあがったこちらのタルト 

『無花果と胡桃のタルト(300円・1/8カット)』が。赤ワイン

に漬けた無花果がごろっとのっています。空きっぱらには

『マメとひき肉の地粉カレー(850円)』をどうぞ。

 

そして店内の調度品いれかえにともなって、下写真にある

椅子の販売をはじめました。価格や詳細は店内にてご確認

ください。大切につかっていた、あるいは使ってもらっていた

ものたちなので、大切に扱っていただける方がつかい繋いで

くれると嬉しいです。

 

 

さいごに、ほんとうは内緒にしておきたい、僕らにとっての

とっておきを最後まで読んでいただいた方にこっそり耳打ち

しちゃいます。あ、野鳥に興味がなければ読み飛ばして

下さい。今年は見られないね…と諦めていたノビタキの

子育てが、今朝、店の裏で唐突にはじまりました。 わかる

範囲でヒナは2羽。いそがしく餌をとっては口移ししに

飛んでいくお父さん、健気にがんばってます

昨日、やたらと親鳥の姿を見かけるなあとおもっていたら、

きっと下見だったんでしょうね。良い1日になりました。

 

2014-07-05 2:13 PM|メニュー紹介Comment(0)

夏がどっかりと腰をおろしました。

こんにちは。

ひとつ、またひとつと指折り夏のトピックスをかぞえているこの頃。

窓のむこうでは雀の子どもが親のあとを追ってとびまわってる様子が

みられ、通勤路の農道では、ノビタキの子育てを垣間みることも。

残念ながらことしはヒナを間近でみる機会はなさそうですが、それでも

嬉しいものです。先日はリピーターもふえ、夏のイベントとして定着し

つつあるイベント「グランフォンド」がひらかれましたし、あさっては

いよいよ斜里岳の山開き! ことしもひろい空からたっぷりと日差しを

うけとりながら日々、オホーツクの夏を堪能していきます。

 

さて、今日のメニュー紹介は、そんな暑い日にうってつけのサンドから。

さっぱりとした自家製ハーブドレッシングであえた『ツナとトマトサンド

(430円)』。こちらは、渋みがなく喉越し爽やかな梨山ウーロン茶との

せっとがおすすめです。おやつには道南は七飯町のチーズ工房

山田農場さんから届いた山羊のチーズをつかった『フレッシュチーズの

マフィン(250円)』。かき氷をたべて喉をキーンとさせねば夏を

迎えたことにはならない。そんな昔気質の甘党さんは『グラニテ・

カフェオレ(500円)』でおもてなしいたします。

 

水しぶきにまみれながらじゃぶじゃぶと沢をつたって、

やがてオホーツク海やそのさきに知床連山までをのぞむ

大展望の山頂へ。最上の爽快感に酔える6時間半。

未体験のかたは、ぜひことしこそ。

 

 

 

2014-07-04 11:17 AM|お店のつれづれ/メニュー紹介Comment(0)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去の記事

RSS
上へ