HUTTEロゴ

HÜTTEのブログ

HÜTTEのブログ

10月のスケジュールです

こんにちは。

少しずつ黄葉しはじめた斜里岳と雲をたっぷりと浮かべた秋空を背に

更新しています。10月の営業スケジュールです。

 

おやすみ

2日(水)、3日(木)、9日(水)、10日(木)

15日(火)、16日(水)、17日(木)、23日(水)

24日(木)、30日(水)、31日(木)

※イレギュラーで15日火曜も休業しますので、ご注意ください。

 

もよおし

realism・OLDECO presents 『秋の古物市10days』

25日(金)から翌11月5日(火)にかけて、札幌と小樽でアンティーク

ショップを展開するrealismさん選りすぐりの古物がお店の一画を

セピア色に染め上げます。飾ってよし、実用性もきっちり、それでいて

嬉しいプライスのアイテムとの出会いをどうぞお楽しみに。

また便乗企画として、HUTTEの古本もわずかですが並べますので、

秋の夜長のおともにそちらも連れ帰っていただければと思います。

 

さてfbでも報告したとおり、念願かなって標茶の友人宅(なかまの家

という宿もやってます)で野生のコクワ(サルナシ)をたっぷりと収穫

させてもらいました。やっぱりこんな立地のカフェですから、自然の恵み

メニューにうまく取り入れたいというわけで。で、さっそくジャムやドライに

してみたところ、予想どおりの滋味深さ、おいしさに仕上がりました。

それらはこれからすこしの間、マフィンやHUTTEプレートの一皿として

登場しますので、どくとくの豊潤な甘酸っぱさをどうぞ味わってみてください。

ちなみにおいしいうえにビタミンやミネラルも豊富だから森のくまさんも

ぞっこんで、冬眠まえの定番食にしているのだそうですよ。

来年はくまさんの分を横取りすることなくもちょっと収穫量を増やして、

ご家庭でも味わってもらえるよう瓶詰めにしておすそ分けしよう思って

ますので、次の秋もどうぞお楽しみに。

 

昨日の1枚。空も山も高い!

 

フェイスブックでも情報発信中です。

2013-09-29 1:59 PM|だいじなお知らせ/もよおしものComment(0)

そろそろ冬支度を。

こんにちは。今日もHUTTE Journalをごらんいただき、ありがとうございます。

日ごとに秋が深まるさいきんは、閉店時間をすぎる頃には店は薄い闇のなか。

なにしろここはネオンとはいっさい無縁の環境なので夜がほんとうに夜らしくて、

その圧迫感にときどききゅっと心臓を掴まれることになります。くわえて冷気

身体も縮こまりがち。今日は、そんな時期にちょうどよく入荷した、ぬくもり溢れる

アイテムをご紹介します

『ORGANIC GARDEN』社のオーガニックコットン製品です。

関西の工場5社からなるファクトリーブランドというこのチームが目指すのは

「人にも地球にもやさしいものづくり」。原料は農薬や化学肥料に頼らない

有機農法で栽培した、健やかな綿だけ。そして染料には土や植物から譲り

受けた自然素材のみを使うという徹底ぶりです。

商品の特徴としては、一般の綿とくらべて空気層がしっかりと形成されている

ため、吸水力保温力が高いのがオーガニックコットンの良いところ。そして、

靴下をつくっている奈良県広陵町は日本一のくつした産地といいますから、

品質も折り紙つきなのですとくに電気料金がこわいぐらい値上げされた

今年の冬ですから、安心の天然素材を身につければ肌に気持ちよく、お財布

にもやさしく寒さを乗りこえられそうです

これからの凍てつく冬のそなえに、靴下(重ねばきソックスも)やスパッツ、

ストール、手袋などをご用意しました。ほとんどのアイテムが1点ずつの

在庫ですので(再入荷はしますが、たしょう時間がかかります)、気になる

方はどうぞおはやめに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保温性に優れたヤクウール製の重ねばきソックスは

2枚組だから締めつけが感なく、それでいてぽかぽか~。

 

ちなみに先日まで開催した「吉澤俊輔 北海道の木でつくる暮らしの道具展」。

嬉しいことに、ひきつづき10月末頃まで扱えることになりました。見逃した方、

やっぱり気になっちゃって…という方、お急ぎくださいませ。

 

今日のおやつは秋の味覚『さつまいもマフィン』と『シナモンパンプキンマフィン』

(各250円)、今日のベーグルは『生ハムとスクランブルエッグサンド(430円)』と

にんじんたっぷり『ツナサラダサンド(380円)』の2つがラインナップです。

そして秋の気まぐれ空がつくるスペシャルな陽だまりは時間無制限0円で

提供中です。

 

フェイスブックでも情報発信中です。

2013-09-27 12:08 PM|とり扱い雑貨あれこれComment(2)

とっておきトレイも発掘しました

昨日からスタートした「吉澤俊輔 北海道の木でつくる暮らしの道具展」。

わたくしいちおしのカップがさっそく嫁ぎまして、残るは大中小各1個ずつと

なりました。しかし昨日の夕方になって、これまた「ほほう」と唸ってしまう

アイテムを発掘しましたので、あらためてご紹介します。

うーん、なんという無駄のなさよ。これでいい。そして

もちろん持ち手も欠かすことなく。

「おにぐるみのトレイ」、小6300円、大8400円で各1点ずつです。

 

ちなみに俊輔さんはやむを得ない事情があり、残念ながら今朝はやくに

清里を発ってしまいました(対面を楽しみにしていたかた、すみません!)

が、展示は火曜までつづきます。彼の価値観や、日々島牧から発する

メッセージの一部を載せた読み物もありますので、ぜひぜひお越しを。

 

そして今日はかなりの自信作おやつをご用意できました。

『かぼちゃのタルト(1/6カット350円)』どん。

濃厚なかぼちゃのペーストをこんがり焼いた、この時期ならではの

タルトです。かぼちゃ好きはもちろん、斜里在住のT田さんはじめ

すべての甘党さんを唸らせる仕上がりかと思います

ぜひおためしください。

 

フェイスブックでも情報発信中です。

2013-09-21 5:09 PM|もよおしものComment(0)

触れていたい暮らしの道具

はじまりました、「吉澤俊輔 北海道の木でつくる暮らしの道具展」。

タイトル通り、何十年分もの風雪に耐えながらこの地で生きぬいてきた

木が、島牧村の木工作家吉澤俊輔さんの手わざと情熱によって形をかえ、

しっかりと実用性を備えた日用品の数々となって並んでいます。

来週火曜、24日までの開催です。

では写真で作品をご紹介していきましょう。

「北海道の木の積み木

 (12600円)」

道内に自生する木、10種

以上がさまざまな形になって

ひと箱に。遊びながら学べる、

こどもへの贈り物に最適な

積み木です。

無塗装、無着色なので

赤ちゃんのおもちゃにも

あんしん。

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真左)お皿各種(800円~)、(下)

カッティングボード(2400円、2700円)。

 鉄染めの皿の色合いや、「鉋だけで

こんなにつやっつやに!? うそーん!」と

思わず目が点のボードの触り心地は

ぜひその目と手で確かめてほしい

ところであります。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

個人的ないちおしがこちら、オニグルミのカップ(4800円、6400円、8000円)。

肌寒い山頂でこれに熱々の珈琲を…と妄想が膨らみます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良質な木のクラフトのは、やはり手にとってこそ、よりその良さを

感じられるものだと思います滑らかで手にすいつくように馴染み、

かつてそこにあった命のぬくもりがどこかしらに感じられたときに、

すっと腑に落ちるものがあるというかうーん、表現が難しい…。

まあ好みの問題かもしれませんが、けっきょくは。

ともかく深い山と海に挟まれた工房で、北海道の木だけをつかって

つくられる暮らしの道具たち。ぜひその手に直にふれ、作品の力を

かんじていただけたらと思います。

 

ちなみに座り心地もグッドな

この「くりの木の椅子」は、

吉澤さんが在店する22日

夕方までの展示となり、それ

以降はご覧いただけません

ので悪しからず。ご希望の際

はお取り次ぎしますので、

スタッフにお声掛けください。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本日はおやつに『シナモンパンプキンケーキ(300円)』、『さつまいもの

クランブルタルト(1/4カット450円)』、『洋ナシマフィン(250円)』を。

『ハニーマスタードチキンサンド(430円)』を今日のサンドに用意して

お待ちしております。

 

フェイスブックでも情報発信中です。

 

2013-09-20 12:11 PM|もよおしものComment(0)

煙る祝日です。

朝からふりはじめた雨が少しずつ勢いをまして、あたりは白く煙っています。

こんな日は雨音に包まれながら、部屋のなかでじっとしているのもいいです

よね。個人的にはそこに雷鳴がまざればモアベターです。

稲妻って映画なんかでしばしば重大ななにか(たいていは不吉なこと)が

持ち上がるときの前触れ的なサインとして重宝されてますよね

そのせいか、ゴロゴロドーンときくたびに、どこか遠くで何か得体のしれない

ものが動き始めたのでは…?と好奇心にぽっと火がついちゃうんです。

いまにフランケンシュタインがドアをノックするんじゃないか…(ノックなんか

しないでたたき壊すか…)とか。 ともかくたまの雨は大歓迎なのです。

 

さて、一針の帆布バッグ展は昨日で終了。「遠くにいる娘に」と常連さんに

ご注文いただいた一押しはじめ、めでたく大小数点がもらわれていきました。

あらためまして、ありがとうございました。丈夫で飽きのこないデザインの

一針バッグ、どうぞ末永くお付き合いください。

そして、次なるイベントはもう間近。20日金曜から「吉澤俊輔 北海道の木で

つくる暮らしの道具展」が始まります。そろそろ商品リストも届くはずで、

今週はまた期待に胸をふくらませて気持ちよく過ごせそうです。そうそう、

先だって19日には吉澤さんによるスプーン作りのワークショップも

(まだ少しだけ枠に空きがありますので、ご興味ある方は明日中にお電話を)。

島牧の現在とか自給的生活の醍醐味、そんな話を織り交ぜながらの

3時間になる予定、こちらも今から楽しみでなりませんねー。

 

ところで。らららら~とラスク作ってみました。発酵バターと道産シナはちみつを

ぬってオーブンでかりっと。たまに登場しますので、ベーグルのまた違った

楽しみ方を試してみてください。スライスした1個分がそのまま入って200円です。

 

フェイスブックでも情報発信中です。

2013-09-16 3:27 PM|お店のつれづれ/メニュー紹介Comment(2)

一針の帆布バッグ展はじまりました。

本日より3日間、札幌のかばん作家一針さんの帆布バッグ展を

開催しております。かばんが好きな方や手仕事に興味のある方、

お食事せずに見るだけでもかまいませんので、ぜひぜひ足を

お運びください。温かみ溢れる作品たちがお待ちしております。

 

5色展開のこのサイズは2400円(白のみ特殊加工品のため2700円)と

お手頃価格で、収納力は下写真のとおりでございます。

財布にポーチにデジカメ、文庫本。我が家ではさらにエコバッグも加えて

ちょっと外出に重宝しております。

 

ありそうでなかなかない絶妙な色合い。きっとくたびれたらもっと

良い風合いをだすに違いないこちらはかなりの収容力で自立します。

家のなかでものいれとしても使えそう。

展示のみで、受注生産(10月中旬頃に納品)でお受けします。

それにしてもほんとナイスな色。9800円です。

ほかにも加工をかけてくすんだ感じをだしたグレーのトートと

ショルダーバッグ。キーコースターもございます。

1500円。ちょっとしたプレゼントにおおく使われているそう。

コーデュロイに弱いわたくし、思わずなでまわしてしまいました。

 

展示は日曜までです。1点物もありますのでおはやめに。

ちなみに本日のベーグルは自家製サルサソースとこれまた手作り

したバルクソーセージをあわせたサンド430円が…あったのですが、

うりきれ…。しかし明日も朝から仕込みますので、当店ではめずらしく

パンチをきかせた味をおためしください。

 

フェイスブックでも情報発信中です。

 

2013-09-13 1:55 PM|とり扱い雑貨あれこれ/もよおしものComment(0)

今日のおやついろいろ

どんより曇り空で一日が始まりました清里です。

今日はおやつに写真の『ブルーベリーチーズケーキ(380円)』

と、『アーモンドバター』『りんごとブルーベリー』のマフィン2種

(各250円)。さらにこぶりなタルト『メープルチーズ(280円)』も

ご用意と、もりだくさんのよりどりみどり、しっちゃかめっちゃか

状態となっております。

日替わりベーグルはピクルス入りたまごサラダサンド(430円)。

こちらは名前だけみるとやや地味めですが、すんごい美味しい

ピクルス効果で奥深い味わいに仕上がってます。

 

やや、雨が落ち始めました。しばらくやみそうにない確かな雨

です。これでまたすこし季節がさきに進むんでしょうねえ。

 

フェイスブックもご覧ください。ブログには登場しない個人的な

よもやま話(お友達との登山記など)ばかりですけど。

2013-09-08 11:45 AM|メニュー紹介Comment(0)

「北海道の木でつくる暮らしの道具展」5日間

こんにちは。

予報によると、今日のオホーツク地方はおおむね昨日より5℃ほど低い

気温なんそうで。じっさい日がかげると肌寒く感じられますし、この週末、

こちらへ足を伸ばすという方はどうぞ長袖の準備をお忘れなく。

 

さて、9月のイベント第2弾、島牧村の木工作家吉澤俊輔さんによる

『北海道の木でつくる暮らしの道具展』詳細が固まってきたので

あらためてお知らせです。

 

会期は今月20日(金)~24日(火)のHUTTE営業時間中。シンプル

ながら木肌の美しさが際立つテーブルウェアなど、生活に取り入れたい

アイテム数種が並びます(ラインナップはまた後日発表。写真は一例です)。

 

なお、それに先んじて19日には吉澤さんによるワークショップ

「北海道の木でスプーン作り」こちらは参加費1500円(材料費込み)

で、定員5名(先着順)となっております。時間は13時スタートで歓談しながら

3時間程度の予定です。ナイフなどはこちらで用意しますが、もし使い慣れた

刃物をお持ちの方はどうぞご持参ください。また多少汚れてもよいかっこうで

お越しいただければと思います。

お申し込みは電話または下記アドレスまでメールでお願いします。

toot10.17@gmail.com

 

ところで、なぜ吉澤俊輔さんなのか。その理由は、彼のHPをみてもらえれば

きっとお分かり頂けると思いますが(島牧の深くてうつくしい自然風景が描写

されているブログはとくに必読)、簡単に言えば、作家としてのコンセプトと

人としての思想や価値観に深く賛同しているから、です。すなわち生まれ育った

場所の風土を敬い慈しみ、その力とともに生きている。それも無理することなく。

その軽やかに自然と協調する姿勢と、そこから発信されるものごとが好きなんです。

緑と潮風が薫る海辺の小さな村からやってくる人とモノ、今から楽しみでなりません。

 

 

フェイスブックでも情報発信中です。

 

2013-09-06 4:25 PM|もよおしものComment(0)

助走2回目を経ていよいよ~

いただいた枝豆の袋詰めをしていた首筋に、のしかかってくるような

日差しを感じました。夏です。

…いやいやいや、夏はおわったはず。昨夜もずいぶん涼しかった。

なのに今日は朝からセミの合唱も高らかに。あっつー!!かった昨年

同様、今年も秋の歩みは遅そうです。

 

さて、昨日は「斜里岳への助走」第2回の日でした。参加者3名と

すくなめでしたが、はるばる札幌から高速バスで駆けつけてくれた女性

はじめ、みなさん目的意識の明確な方ばかりで実のある時間に

なったように思います。お疲れさまでした。講師のお2人もお疲れさま

でした。お忙しいなか、ありがとうございました。

来年も6月と9月あたりに開講する予定なので、興味をおもちのかたは

ぜひご参加を。できればもう1歩進んで、この会起点の登山会なんかも

やれたらなーとも考えてます。

以上、昨日の報告でした。

 

そしていまの斜里岳。すこしずつ雲を集め始めてますが、じゅうぶん山日和。

今月の中ごろからは例年晴天率が高く、コースの水量も減り、いよいよ

ベストシーズンだそうですよー!

ちなみにわたくし、来週から2週連続で接待登山の予定。

このなまけボディははたして最後までもつのだろうか…。

 

と、ためいきものの昨日の夕日。

 

そして今日のおやつ、『ティラミスマフィン(280円)』。スコーン

生地に珈琲リキュールをしみこませ、そこにクリームチーズを

いれて焼いた自信作です。

 

ようやく手に入れた糸井さんの「黄昏」を片手に、本日も

お待ちしております。ちなみにキッチン班はなんども

吹き出しながら読んだそうで、カウンターのかげから不気味

笑いが漏れちゃったらすみません。

 

フェイスブックも情報発信中です。 

 

2013-09-03 12:22 PM|お店のつれづれ/メニュー紹介Comment(0)
上へ